情報機器やネットワークは、今やとても普及していて、身近な日常生活にも欠かせないものとなってきています。
それは学校などの教育現場においても同じで、設備や環境などに大きい変化をもたらしています。授業にうまくITを活用することによって、よりわかりやすい授業内容になったり、生徒の主体性を重視した授業内容になることを目的としています。

実際文部科学省の「学校教育情報化推進計画」では、全ての公立の学校の全学級の授業において、教員や生徒がコンピュータやインターネットを活用できる環境を整備することを目標としています。そのための教員研修や、教育用のソフトなどの開発が行われています。

ITを授業が円滑に行われるための道具として有効に利用し、生徒と教師のつながりを深めると同時に、魅力的な授業や、生徒が興味を持つ授業内容を展開していくことが課題となっています。もしこの環境が整えば、教科書などもすべてコンピュータの中に組み込まれていき、重い教科書のたくさん入ったカバンを持ち通学することもなくなるかもしれません。

学生当時忘れものが多かった私からすれば、すごく羨ましいことです。今までITの活用を目指した実践は幾度となく行われていますが、すべての学校で、すべての教員がITを使いこなせるわけではありませんので、十分活用できているとは言い難く、教員の指導なども大切なことになっていますし、これから教育現場に立つ人間として、ITを使いこなせるスキルも必要になってきますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です